読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥取マラソン2011

昨晩は22時就寝。が、初マラソンの緊張からか、なかなか寝付けず、寝たのは1時過ぎぐらい。

朝、あさひこさんを拾って布勢へ。途中、湖山池を回ってコースを少し確認。


無事に到着。開催に関して賛否両論の意見があったみたいだが、不参加者はそんなに多くなかったのでは。

半パンで走るつもりで足の毛もきれいに剃ってきたが、結構寒い。長パンツに履き替える。

素人なりに、今日のレースプランニング。5分20秒のラップを刻み、最後の10キロぐらいは脚の状態をみて上げるか、たれるか、という感じ。

9時、スタート。競技場出口で声をかけられた、hayashiさんだ!頑張ってきます。

序盤みんなが良いペースで走る。ラップをみたらキロ5分切ってる。明らかにオーバーペース。
ガンガン抜かれていくのは気にしないで、自分のペースに落とす。7キロ付近まではちょうどそれくらいで走れた。

最初の折り返し点を過ぎると、少し向かい風を感じ出したので、前方にいる集団に取り付くためペースを上げる。

布勢の前を左折すると追い風基調。終盤のことを考えると、ここはペースをあげてマージンを稼ぎたい。

ここから30キロまではキロ5分ペースで走った。ちょうどI道場の方、Doskoiさん(と首元に書いてあった)が良いペースで走られていたのでぶら下がらせて頂いた。

しかし、問題はここから。脚に疲労が溜まっている。自動車学校前からは千切れてしまった。

南よりに進路を変えると、緩やかな上り、風。折り返し点まで果てしなく続いていく道に心が折れそうになった。歩いてしまえば楽になれるかな、そんな気になってしまう。

1番苦しいところで、Dekiさん、nakaoniくん、今日何度もお見かけしているI道場ジャージの方(Dosankoさん?)、EOLOジャージの方に応援してもらった。力が沸いてくるから本当に不思議。何とか持ち直した。勝負ジャージを着てきたかいがあったな。

なんとか折り返し点まで辿り着き、あとは下り基調。でもペースを上げる力は残っていない。あと4K、3Kと看板が立っていたが、とても長く感じた。

最後のコブを上ってラスト1km。こちらも今日何度も応援してもらっているリーマンさんに発破をかけられてラストスパート!といきたかったが、太ももがピキーン。攣り一歩手前だった。

競技場の中で攣るのは恥ずかしいのでだましだまし走ってゴール。3時間42分47秒。

とりあえず、目標のサブ4を達成できて良かった。現状、精一杯の結果だろう。

あさひこさんも痛みに耐えながら、完走。諦めずによく頑張った。

軽いノリで参加してしまったが、色々ドラマもあったりして、濃い大会だったように思う。

来年のことは今はあまり考えたくないが、また走れたら良いなとは思っている。


完走の証、プライスレス。


沿道で声援を送ってくれたみなさん、スタッフのみなさん、ありがとうございました。