読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第4回 大山MTBカーニバル

yoshi-Rさんにお誘いをいただき、MTBイベントに初参加。やや裏口でしたがw
3時間ソロとあって、かなりの修行になるであろうと覚悟をしておく。

行きしに天の真名井で多めに水を汲んでおく。ケガした時のために簡単な治療グッズも携行。

現地につくと、先着されていたgozaru2さんに挨拶。yoshi-Rさんはまだかなぁ?と思っていたら、
まぁさすがだなという出で立ちでご登場。
その後、roadyさんファミリーもご到着。顔を覚えていただいていたみたいで良かった。

下見は大切ということで、gozaruさん、yoshi-Rさんと試走に向かう。
まずは、豪円山ゲレンデでの登坂。想像以上にキツイ。
登りきって下り。コワイ。あっという間にお2人とはサイナラ〜。
そして対面通行の始まる右カーブでこける。まぁ、これも準備運動ってことで(笑)
試走は2周回。これだけでお腹いっぱいになった。暑すぎて長袖アンダーも脱ぐ。

スタート前。ソロライダーは最前列から並ばされる。Dosankoさんも交えて談笑。
こんなに緊張しないスタートも珍しいな。

スタート。マイペース、完走できればヨシを決め込んでいたので、どんどん抜いていってもらう。
押さえ気味にいってもゲレンデの登りはキツかった。芝の長短でも抵抗が全然違う。

下りに入る。試走でレイアウトは何となく分かっていたが、カーブはドアンダー、
対面通行の笹じゅうたん下りもコースアウトしないように慎重に下った。

前の方ではyoshi-Rさん、roadyさんが良い感じでバトルをされている。それに続くgozaruさん、Dosankoさん。
という観戦をしながら周回。はたから見るとノロノロでも、なんとか3時間持たせようと自分なりに頑張って走った。

ゲレンデの登坂は頑張り(頑張らないと登れない)、涼しい林道で休憩というインターバル走だった。

1時間以上過ぎてボトルが空になり、そろそろ車に戻ろうと思っていた矢先、調子に乗りすぎてこける。
幸い大事には至らなかったが、サイコンのセンサーが傾き、マグネットがどこか飛んでいってしまったようで、
ここからは場内の実況と掲示板が頼り。

車に戻って、ボトルチェンジ。体の泥を水で流し、頭から水を被る。再びスタートすると、実況のお姉さんに頭から滝のような汗です。といわれてしまったw

なんとか、かんとかで時間的にラスト1周。途中まで争っていた4番の方との差が開き、ちょっと気が抜けたら、ロッジ前の最後の坂でyoshi-Rさんにキッチリ差されてしまった。

一応13周回。体力的にはベストを尽くせた気がするので、素直にこれが実力だろう。
登りはどうしようも無い気がするので、伸びしろは下りにありそう。もうちょっと攻めれるようにならないとな。

ゴール後はグッタリというか、ちょっとヤバイ感じ。車内で横になり、gozaru2さんに水を分けてもらったら、何とか持ち直した。熱中症手前だったか。


昼食は、お楽しみのジンギスカン。yoshi-Rさん、roadyさんファミリーとご一緒させていただいた。
がっつり食べたかったけど、内臓も疲れててあまり食べられなかったな。

帰りはyoshi-Rさんとドライブして帰宅。いろいろお話出来たし、心地良いひとときだった。


後遺症はというと、脚のダメージは殆んどないが、肩の筋肉が張っている。
何より痛いのが、靴擦れならぬ、グローブ擦れで皮が剥けた手のひら。早く治ると良いんだけど。
やっぱり次は、軍手(イボ付き)で参加だな。


参加された皆さん、スタッフの皆さん、お疲れ様でした、ありがとうございました。
シーモンさん、戦歴に泥を塗ってしまってすいませんでした(汗)