読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第27回 NAHAマラソン

前日夜中、塾長にピックしてもらい伊丹へ。
その前にSAで仮眠。他の人はいびきかいて寝ておられたが、
自分は一睡も出来ず。シャツ1枚じゃさすがに寒すぎた。

朝8時、関空を飛び立つ。久々のフライトを楽しんで、現地入り。
曇天だが、暖かい。Tシャツ一枚でOK。

メシ食ったあと、下見バスへ。所要時間3時間、話上手なガイドさんの
楽しいおしゃべりをBGMに半分は夢の中だったかな。

前日受付でマラソン完走SET(パワーバー×1、パワージェル×3)を購入。
ホテルに行く途中、自転車屋があったので入ってみる。入り口にときめくモノが置いてあった。


塾長の行きつけ、国際通りのとある居酒屋で夕食。

隣りのビルはマッサージ屋。ノリで足ツボ体験。みんなナイスリアクションをかましていたw

いよいよマラソン当日。腰痛は若干あるが仕方がない。ストレッチして早めに整列する。

スタートはゆっくり流れる。自分は前の方の番号だったので、国際通りのあたりにくれば割りと
人ごみを気にせず走れた。そもそもまわりを走っている人のペースもキロ5分ぐらいでちょっと
早いぐらいだった。

このコースは前半部にアップダウンが集中しているので前半は抑えて、後半ペースアップの作戦。
キロ5分ちょいはイメージよりも早い気がしたが、流れに任せて。

5キロ過ぎから、尿意をもよおしていたが、おさまるだろうと我慢しながら、あっという間に
中間地点。ここから下りを利してのペースアップと行きたいところだったが、なんだかシンドイ。
30キロ地点まで我慢の時間帯だった。

30キロ手前に仮設トイレがあり、駆け込む。スッキリしたら何故か走りも軽くなり復活。
うさみみのスーパーマンとバトルしながら、ラスト2キロ。
自己ベストは諦めていたが、沿道の方に45分切れるよと声を掛けていただき、ラストスパート。
ラスト数百M、セルラースタジアム入り口でもう一段ギアあげたら、ピキーン。と足が攣る。
沿道の方が一生懸命、激をとばしてくれるが、産まれたての子馬のようにプルプルとしばらく立って
いることしか出来ない。自転車と違い、飲み物一切持ってないし回復できるのだろうか。

しばらくしたら何とか歩くことが出来、ダウンジョグしながら無事にゴール。


リザルト、タイム3時間46分27秒(NET3時間42分45秒)

996位/23988(完走17060)人。


足つりは補給不足だろう。パワージェルを途中1個落としたのも痛かった。
とりあえず4時間切れたら、と思っていたので結果は満足。
記録の狙える鳥取マラソンでは、サブ3.5を狙いたい(まだエントリーしてないけど)。


走った人も頑張ったけど、沿道の応援の方々のサポートが素晴らしかった。
お祭りという認識が強いのか、県民性なのか、絶え間のない人、声援、演奏、補給、ハイタッチetc...
個人的に感極まってしまうシーンがあった。
こんな熱いイベントは他になかなか無いだろうな。参加できてホント良かった。

高揚感をもったまま、再びあの自転車屋へ。財布の紐の堅いあさひこさんがイケイケだったので、
トキメいたものを1つずつ購入。近日イベントで公開?ということにしておこう。

お金と時間と労力を使ったが、とっても良いバカンスだった。